本サイトはプロモーションが含まれています

【2023年】ConoHa WING(コノハウイング)の評判は?デメリットとメリットを解説

【2023年】ConoHa WING(コノハウイング)の評判は?

ブログ・サイトを運営する際に契約したいものがレンタルサーバーです。無料で利用できるサーバーもありますが、ブログ・サイトを運営するためには、使い勝手が良い有料のレンタルサーバーが利用しやすいでしょう。

そんな時におすすめのレンタルサーバーがConoHa WING(コノハウイング)です。そこでこの記事では、人気レンタルサーバーであるコノハウイング利用者の口コミ・評判から分かるメリットとデメリットを解説します。

また、コノハウイングでのWordPress利用方法も解説するので、これからブログ・サイトを始めたいという方はチェックしてみてください。

目次

ConoHa WING(コノハウイング)とは?

コノハウィング

ConoHa WING(コノハウイング)は、GMOインターネット株式会社が提供するレンタルサーバーです。2018年9月に開始されたレンタルサーバーであり、高機能高安定性を追求しています。

また、初めてレンタルサーバーを使う初心者にも適したレンタルサーバーと言えるでしょう。ユーザーインターフェイスはシンプルなデザインを採用していることは他のレンタルサーバーと異なるポイントです。

そして、高機能・高安定性に加えてリーズナブルな料金で利用できることも見逃せません。後ほど紹介しますが、自分に合わせたプランを選ぶことでサーバーのレンタル費用を抑えることができます。

ConoHa WING(コノハウイング)の3つの特徴

特徴

現在ではさまざまな企業がレンタルサーバーを提供しているため、コノハウイング以外のサーバと比較したうえで利用するサーバーを決めたいと考える人がいるかもしれません。

そこで、他のレンタルサーバーと比較したコノハウイングの特徴を紹介するので、他のレンタルサーバーと比較する際の参考にしてみてくださいね。

サーバー料金が安い

月額料金

コノハウイングの特徴としてサーバーのレンタル料金が安い点が挙げられます。実際の料金は契約するプランによって異なりますが、長期プランを契約すると1ヶ月の料金が割安になることは見逃せません。

また、毎月の料金だけでなく、初期費用が発生しないこともコノハウイングのメリットでしょう。他のレンタルサーバーでは初期費用が発生するため、サーバー契約のハードルが高いこともあります。

サーバー処理速度が国内最速

処理速度

公式サイトによると、コノハウイングでレンタルできるサーバーは2022年の調査結果において国内最速だと説明されています。そのため、高速表示したいサイトがあるならコノハウイングが適しているでしょう。

また、処理速度だけでなく安定性も優れていることは嬉しいポイントです。同時に大量アクセスが発生した際でも安定したレスポンスを実現するので、アクセスが多いサイトでも快適に運営できます。

WordPressを簡単に始められる

ワードプレス

コノハウイングでは、初心者でも簡単にWordPressをインストールできる「WordPressかんたんセットアップ」機能を提供しているため、WordPressをインストールしたブログ・サイトを簡単に始められます。

WordPressかんたんセットアップを活用すれば、申し込み時にWordPress、テーマ、SSLをまとめて設定できるため、ブログ・サイトを初めて運営する人も初期設定で迷うことは少ないでしょう。

また、WordPressかんたんセットアップは無料で利用できるので、別途使用料を支払う必要もありません。そして、サーバーの乗り換え時には「WordPressかんたん移行」を利用することも可能です。

ConoHa WING(コノハウイング)の料金プラン

料金プラン

これからレンタルサーバーをレンタルしたいと考えている人の中には、毎月の料金を比較した上で契約先を検討したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで、コノハウイングの料金プランを紹介していきます。コノハウイングでは契約時に2つの料金タイプから選べるので、自分の使いやすいプランの料金をチェックしてみてください。

WINGパック

WINGパックは、レンタルサーバーと独自ドメインがセットになった長期割引プランです。ブログ・サイトを開始する際に必要なものがまとまっており、契約期間によって料金が異なります。

料金プラン3ヶ月6ヶ月12ヶ月24ヶ月36ヶ月
ベーシックプラン(SSD:300GB)1,210円1,100円911円683円493円
スタンダードプラン(SSD:400GB)2,530円2,365円2,145円2,035円1,925円
プレミアムプラン(SSD:500GB)5,060円4,730円4,290円4,070円3,850円
リザーブドプラン(SSD:300GB)1,540円1,430円1,320円1,265円1,210円
リザーブドプラン(SSD:400GB)3,190円3,025円2,805円2,695円2,585円
リザーブドプラン(SSD:500GB)6,380円6,050円5,610円5,390円5,170円
※税込価格

通常の料金であればベーシックプランが1ヶ月1,320円(税込)、プスタンダードプランが1ヶ月2,640円(税込)、プレミアムプランが1ヶ月5,280円(税込)、リザーブドプランが1ヶ月1,650円(税込)です。

そのため、長期的に利用する可能性が高いならWINGパックが適しているでしょう。なお、リザーブドプランとは、1契約ごとにメモリ・vCPUが割り振られたもので、他ユーザーの影響を受けることがありません。

そして、1度契約したプランは後から変更することも可能です。最初は容量が少ないプランでもアクセスが増え始めたタイミングで容量の多いプランに変更できることは安心できるポイントと言えます。

通常プラン

通常プランは、コノハウイングと契約できる基本的なプランで、1時間単位の使用時間に応じて料金が変わるプランです。しかし、以下のようにプランによって最大料金が決まっているため、安心して利用できるでしょう。

ベーシックプラン(SSD:300GB)2.2円/時(1ヶ月最大1,320円)
スタンダードプラン(SSD:400GB)4.4円/時(1ヶ月最大2,640円)
プレミアムプラン(SSD:500GB)8.8円/時(1ヶ月最大5,280円)
リザーブド1GBプラン(SSD:300GB)2.8円/時(1ヶ月最大1,650円)
リザーブド2GBプラン(SSD:400GB)5.5円/時(1ヶ月最大3,300円)
リザーブド3GBプラン(SSD:500GB)11円/時(1ヶ月最大6,600円)
※税込価格

例えば、契約初月など1ヶ月の利用時間が短かった場合は、WINGパックよりお得に利用できるはずです。また、最大料金も決まっているため、使用時間が想定より多くても料金を心配する必要はありません。

ConoHa WING(コノハウイング)利用者の口コミ・評判

口コミは

現在ではさまざまな企業がサーバーのレンタルを提供しているため、利用を開始する前に口コミ・評判を確認した上で契約することも自分にあったレンタルサーバーを契約するうえで重要です。

そこで、コノハウイングを利用している方の口コミ・評判を紹介していくので、これからレンタルサーバーを契約してブログ・サイトを運営したいと考えている人はチェックしてくださいね。

口コミ1

この口コミを投稿した方は、コノハウイングの契約を更新する際にクーポンを使用したことを紹介しています。なお、コノハウイングで利用できるクーポンとは定期的に配布されるお得な割引券のことです。

クーポンが配布されるタイミングは不定期であることから、必ず契約時に利用できるとは限りません。しかし、タイミングが良ければお得に契約できるため、契約時には確認しておきたいポイントでしょう。

口コミ2

この口コミでは、レンタルサーバーを利用する際にはコノハウイングがおすすめであることを紹介しています。おすすめの理由としては、料金が安いサーバとドメインがセットになっていることなどを挙げていますね。

他にも処理速度が国内最速であることや管理画面が見やすい、セキュリティ対策が万全などサーバー利用時に注目したいポイントが多く、使い勝手の良いレンタルサーバーを探している人には便利に利用できるでしょう。

口コミ3

https://twitter.com/yamada_upstart/status/1593545591027482624

コノハウイングで契約すればドメイン代が無料になるという口コミも投稿されていました。上記でも紹介したように「WINGパック」で契約すればサーバーとドメインが1つにまとまっています。

他社のレンタルサーバーを契約する場合であれば、サーバーとは別にドメインを契約しなければならないケースは少なくありません。そのため、コノハウイングはサーバーの契約が初めてでも分かりやすいでしょう。

口コミ4

この口コミを投稿した方は、コノハウイングを利用した際のメリットとしてWordPressを簡単にインストール可能な「WordPressかんたんセットアップ」が利用できることを紹介しています。

そのため、これからブログ・サイトを運営する際にWordPressを利用したいと考えている人でも契約しやすいでしょう。また、WordPressの設定手順も公式サイトにある動画で分かりやすく解説されています。

口コミ5

この口コミでは、WordPressのプラグインが原因で管理画面に入れないエラーが発生した際に、コノハウイングのサポートに連絡すると丁寧に対応してもらえたことを良い口コミとして紹介しています。

また、他の方が投稿した口コミでもサーバー利用時に困ったことがあれば対応してもらえたという内容が見つかりました。そのため、サーバー利用時にトラブルが発生しても丁寧に対応してもらえる可能性が高いでしょう。

ConoHa WING(コノハウイング)の口コミ・評判から分かるメリット

メリット

コノハウイング利用者の口コミでは、良い点が多いことから契約を検討したいと考えた方も多いのではないでしょうか。実際に初心者から上級者まで使いやすいことはコノハウイングのメリットです。

そこで、上記で紹介した口コミを再度まとめて紹介します。他のレンタルサーバーとの契約に迷った際にメリットは比較したいポイントと言えるので、契約を迷っているならチェックしてみてください。

クーポン・キャンペーンを活用するとお得に利用できる

クーポン

コノハウイングでは定期的にクーポンを配布しており、契約時にクーポンコードを入力することで通常よりお得に契約できることはメリットの1つと言えるでしょう。

また、クーポンだけでなくキャンペーンも不定期で開催しています。キャンペーンも条件を満たしたときに適用できる割引で、季節や記念などの節目などに月額料金の値引きなどが行われることが多いです。

管理画面が分かりやすい

コノハウイングの管理画面

レンタルサーバーの中には、各種設定などを行う管理画面が分かりにくいというケースも少なくありません。例えば、海外で利用されている管理画面が採用されている場合は英語ばかりで分かりにくいでしょう。

しかし、コノハウイングの管理画面は分かりやすいシンプルな管理画面が採用されています。そのため、アカウントやドメインの設定を行う場合でも戸惑う機会は少ないはずです。

ドメイン代が無料

ドメイン

コノハウイングで契約できる「WINGパック」は、サーバーとドメインがセットになったプランのため、新しくブログ・サイトを運営するにあたってドメインを別途契約する必要はありません

他社レンタルサーバーを利用する場合であれば、別途ドメインの契約が必要な場合も多いです。そして、ドメインの契約が別途必要であれば、契約したドメインの種類に応じた料金が毎月発生します。

そのため、ドメインが無料であることはコノハウイングのメリットと言えるでしょう。なお、ドメインは契約期間中であれば永久無料で、最大2つまでドメインを無料で取得できます。

初心者でも簡単に利用できる

初心者

コノハウイングは初心者に使いやすいことが魅力のレンタルサーバーです。特にドメインやサイトの設定を行うことが可能な管理画面の使い勝手が良いと言う利用者の口コミが多く見つかりました。

他社のレンタルサーバーでは、管理画面が英語で表記されていることがあることから初めて利用する方にとって使いにくいと感じる場合も少なくありません。

また、サイトの管理とユーザーの管理が別々になっているケースもあるので、シンプルな画面でサイト運営に必要な機能がまとまっているコノハウイングの管理画面は使い勝手が良いと感じるでしょう。

サポートが丁寧

サポート

コノハウイングでは、分からないことや疑問があった時にいつでも相談できるサポート体制が整っています。そして、利用者の口コミではサポートが丁寧という声が多く見つかりました。

そのため、レンタルサーバーの契約が初めてでも利用しやすいでしょう。もし、利用していく中で分からないことがあってもサポートへ問い合わせることが可能です。

\申し込みは公式サイトから/

ConoHa WING(コノハウイング)の口コミ・評判から分かるデメリット

デメリット

コノハウイング利用者の口コミではメリットだけでなく、デメリットがあることも事実です。そのため、契約前にはデメリットになり得るポイントを確認しておくことが重要と言えるでしょう。

そこで、コノハウイングのデメリットもまとめたので、メリットと併せてチェックしてみてください。

他のレンタルサーバーより料金が高い可能性もある

費用

コノハウイングは低価格で利用できるレンタルサーバーですが、他社レンタルサーバーでは最低料金が安い場合もあることから、使い方によっては他社レンタルサーバーより利用料金が高くなることも考えられます。

しかし、料金が安いからと言って自分に相応しいレンタルサーバーというわけではありません。料金以外のポイントも使い勝手を考えた時に重要なポイントなので、さまざまな項目をよく比較しましょう。

お試し期間がない

無料トライアル

他社のレンタルサーバーでは、一定期間無料で利用できるお試し期間が設けられていることもありますが、コノハウイングではお試し期間が設定されていません

そのため、初めて利用する際に機能や使い勝手などを試せないことはデメリットと言えるでしょう。また、お試し期間がないことから他のレンタルサーバーと比較して料金が高くなることも確認しておきたいポイントです。

一部のサイトは利用できない

WEBサイト

コノハウイングでは、アダルトサイトなど一部サイトの運営は利用規則により禁止されています。そのため、ビジネスとしてサイトを運営する場合にはコノハウイングが適していない場合も考えられるでしょう。

なお、コノハウイングで運営禁止されているサイトはアダルトサイトと出会い系サイトです。もし、利用規則に触れてしまった場合には、以下のような利用制限を受けてしまう可能性があります。

  • 契約内容の解消
  • サービスの利用停止
  • 登録された会員情報の消去

会員情報が削除されてしまった場合は、今後コノハウイングを利用できない可能性も考えられるので、アダルトサイト・出会い系サイトの運営を考えている場合は他社レンタルサーバーの契約がおすすめです。

ConoHa WING(コノハウイング)がおすすめの人

おすすめはこれ

最近では独自のサービスを提供しているレンタルサーバーも多く登場しているため、コノハウイング以外でレンタルサーバーの契約を検討している方も多いのではないでしょうか。

そこで、コノハウイングの特徴から契約がおすすめの人を紹介していきます。自分に適したレンタルサーバーの選び方は少し難しい部分もあるので、サーバー選びで迷っている方は参考にしてみてくださいね。

初めてレンタルサーバーを利用する人

初心者

コノハウイングは初心者にも分かりやすいシンプルな料金プランとユーザーインターフェイスが特徴のレンタルサーバーです。そのため、初めてレンタルサーバーを利用する人も使いやすいでしょう。

また、公式サイトでは操作方法を動画・画像などを使って分かりやすく解説しているので、申し込みや使い方に不安がある方でも問題なくコノハウイングを利用できるはずです。

料金を抑えてレンタルサーバーを利用したい人

料金プラン

コノハウイングではサーバー・ドメインがセットになったWINGパックと時間に応じて料金が発生する通常プランの2種類が提供されているため、使い方に応じてプランを選べば費用を抑えられます

そのため、レンタルサーバーの料金を抑えてブログ・サイトを運営したい人にはコノハウイングが利用しやすいでしょう。もちろん、高機能なプランも用意されているので、用途に合わせて利用できます。

サポート体制が整っているレンタルサーバーを利用したい人

サポート

コノハウイングはサポート体制が整っていることも見逃せないポイントと言えるでしょう。なお、コノハウイングで受けられるサポートは以下の3種類に対応しています。

  • 電話でのサポート(平日10時〜18時対応)
  • チャットでのサポート(平日10時〜18時対応)
  • メールでのサポート(24時間受付・翌日に回答)

電話・チャットでのサポートは平日10時〜18時という時間が決まっていますが、直接分からないことを聞ける方法です。そのため、すぐに対応してもらいたい時に活用できます。

そして、メールでのサポートは24時間受け付けています。仕事帰りにサイト・ブログの更新を行っている場合などはメールでサポートを受ければ、疑問に感じた部分を解消できるはずです。

\申し込みは公式サイトから/

【新規契約】ConoHa WING(コノハウイング)でWordPressを利用する手順

申し込み方法

最後にConoHa WING(コノハウイング)を新規契約でWordPressを利用する手順を解説していきます。

初心者にとってWordPressのインストールは分かりにくいと感じることも少なくないので、これからブログ・サイトを運営していきたいと考えている人は手順を確認しておきましょう。

1.公式サイトから申し込む

コノハウイングの申し込み画面

コノハウイングでWordPressを利用するには、公式サイト から申し込みを行います。そのため、コノハウイングの公式サイト にアクセスして、トップページにある「今すぐ申し込み」をクリックしましょう。

その後、「初めてご利用の方」からメールアドレスとパスワードを入力すると次に進めます。

コノハウイングのログイン画面

2.契約するプラン・ドメイン名を決める

メールアドレスとパスワードを入力した後は、契約するプランを決定しますが、時間に応じて料金が発生する通常プランでは、WordPressかんたんセットアップを利用できないのでWINGパックを選びましょう。

そして、初期ドメインを入力しますが、初期ドメインはサーバーの契約時に取得できるURLです。WINGパックを契約した時にもらえる無料独自ドメインとは異なりますが、後から変更できないので注意しましょう。

WINGパックを選ぶ

3.WordPressかんたんセットアップを設定する

コノハウイングのドメイン入力画面

上記でも紹介したようにコノハウイングでWordPressを利用する際には、サイトの運営に必要な設定を一括で設定できる「WordPressかんたんセットアップ」を利用しましょう。

WordPressかんたんセットアップでは、自分で設定が必要な独自ドメインの設定・WordPressテーマの追加・SSL設定などが1つの申し込みで行えるので、サイト・ブログの運営で手間に感じる初期設定を省けます。

設定方法としては、WordPressかんたんセットアップの欄から「利用する」を選び、以下の項目を入力します。

独自ドメイン設定WordPressを利用する独自ドメイン名を入力
作成サイト名WordPressのサイト名を任意の内容で入力
WordPressユーザー名WordPressへログインする際のユーザー名を入力
WordPressパスワードWordPressへログインする際のパスワードを入力
WordPressテーマ自動でインストールするWordPressテーマを選択

なお、WordPressテーマは後からでも変更できるので、無料のテーマをインストールすれば問題ありません。

ワードプレステーマは無料がおすすめ

4.個人情報を入力する

WordPressの情報を入力できたら、料金を確認して「次へ」をクリックします。その後、コノハウイングの登録に必要な情報入力画面に遷移するので、項目に適した内容を入力しましょう。

個人情報入力画面

入力が完了した後は、電話またはSMSで本人認証を行います。どちらの方法でも問題ありませんが、複数回認証を繰り返した場合は、アカウントがロックされることは注意したいポイントです。

電話番号認証の画面

5.支払い方法を決める

認証が完了すると支払い方法を入力する画面に遷移するので、自分にあった方法を選択しましょう。支払い方法はクレジットカードまたはConoHaカードの2つから選べます。

なお、ConoHaカードは、コノハウイングで利用できるプリペイドカードで、クレジットカードがなくても料金を支払えることがメリットです。そのため、クレジットカードがない方はConoHaカードの利用をおすすめします。

【乗り換え】ConoHa WING(コノハウイング)でWordPressを利用する手順

乗り換え

現在利用しているレンタルサーバーからコノハウイングに乗り換えたいという方も少なくないでしょう。

そこで、他社レンタルサーバーからコノハウイングに乗り換えてWordPressを利用する手順も紹介するので、コノハウイングへの乗り換えを検討している方はチェックしてみてください。

1.公式サイトから申し込む

コノハウイングの申し込み画面

他社レンタルサーバーからコノハウイングへ乗り換える場合も公式サイト から申し込みを行います。そして、新契約時と同じようにメールアドレスとパスワードを入力しましょう。

コノハウイングのログイン画面

その後、WordPressかんたんセットアップを利用可能なWINGパックの契約期間を決定して、サーバーの契約時に取得できる初期ドメイン名を入力します。

WINGパックを選ぶ

2.WordPressかんたんセットアップを設定する

乗り換え時にもWordPressかんたんセットアップを設定しますが、新規契約と違った項目を設定します。なお、サーバーの乗り換え時に必要な各種設定は以下の通りです。

セットアップ方法「他社サーバーからの移行」を選択
独自ドメイン設定コノハウイングで利用する独自ドメインを入力
使用する独自ドメインWordPressを利用する独自ドメイン名を入力
移行元サイトURL移行元のサイトURLを入力
移行元WordPressユーザー名移行元WordPressでログインする際に使用していたユーザー名を入力
移行元WordPressパスワード移行元WordPressでログインする際に使用していたパスワードを入力
WordPressテーマ任意のテーマを選択

レンタルサーバーへの乗り換えでは移行前の情報を入力するので、事前に確認しておきましょう。

プラン変更

3.個人情報を入力する

WordPressかんたんセットアップを設定した後は、右側の料金を確認して「次へ」をクリックします。その後、個人情報を入力したら、新規契約の時と同じく電話・SMS認証を行いましょう。

なお、乗り換えの場合でも電話・SMSどちらで認証を行っても問題ありません。

4.支払い方法を決める

コノハウイングの契約に必要な個人情報を入力した後は、料金の支払い方法を決めて申し込みを行います。その後、自動的にサーバーのテスト移行が行われるので終了するまで待ちましょう。

なお、テスト移行が完了すると画面が切り替わるので、右下に表示された「閉じる」をクリックします。

5.サーバーの本移行を行う

次にテスト移行したサーバーの本移行を行います。サーバーの本移行は管理画面上部にある「WING」をクリックした後に左メニューの「サイト管理」の「サイト設定」から行うことが可能です。

サイト設定をクリックすると複数のタブが出てくるので「WordPress」をクリックします。クリック後は、テスト移行された情報が表示されるので「本番移行」をクリックしましょう。

6.サーバーの本移行が完了したか確認する

「本番移行」をクリックすると、以下の情報を入力する画面が表示されるので選択・入力しましょう。

World Wide Web
(ワールド・ワイド・ウェブ)
「wwwあり」「wwwなし」を選択
サブディレクトリサブディレクトリに設置する場合に入力(空欄可能)
データベース名移行後のWordPressに利用するデータベースの名前を入力
ユーザー名作成するデータベースを利用できるユーザー名を入力
パスワードデータベースユーザーのパスワードを入力

入力した後は「保存」をクリックするとサーバー移行の本番が開始されます。そして、移行先のURLをクリックしてステータスが完了となっていたら手続き完了です。

ConoHa WING(コノハウイング)を利用するならConoHaカード・ConoHaチャージも要チェック

支払い方法

コノハウイングは他のレンタルサーバーと比較して、支払い方法が充実していることも注目したいポイントでしょう。他社でレンタルサーバーを利用する際はクレジットカードでの支払いが必要な場合もあるため、ケースによって利用できないことも考えられます。

そこで、コノハウイングで特徴的と言えるConoHaカードとConoHaチャージでの支払い方法について紹介するので、クレジットカード以外での支払いを検討している方はチェックしてみてください。

ConoHaカードとは?

プリペイドカード

ConoHaカードは、ConoHaのサービスで利用可能な「クーポン」を登録できるプリペイドカードです。購入したカードに記載されているクーポンコードを入力すれば残高がチャージされて、サーバー料金の支払いに当てられます。

ConoHaカードの購入は、ConoHaの公式通販サイト「ConoHaショップ」やアマゾンで購入することが可能です。クレジットカードでも購入できますが、コンビニ支払いや銀行振込にも対応しているため、クレジットカードを所有していない方には便利な支払い方法と言えるでしょう。

また、ConoHaでは通常のレンタルサーバー以外にもWindowsをインストールしたパソコンと似た操作感で利用できるサーバー「ConoHa for Windows Server」やゲームをマルチプレイで遊ぶ際に必要なサーバー「ConoHa for GAME」をレンタルできます。通常のレンタルサーバー以外の支払いにもチャージした残高を充てられるので便利です。

ConoHaチャージとは?

ConoHaチャージは、事前にチャージしてサービスを利用できる前払い形式の支払い方法です。事前にサーバーの料金をチャージできるため、計画的に利用できることは嬉しいポイントと言えるでしょう。

ConoHaチャージもコンビニ支払いや銀行振込にも対応しており、クレジットカードを所持していなくてもコノハウイングのレンタルサーバーを利用することが可能です。また、Amazon Pay やPayPalなどの各種オンライン決済サービス、銀行決済でチャージすることもできます。

さらに、コントロールパネルやスマホアプリから残高を確認できることも嬉しいポイント。スマホアプリでは、チャージ残高を通知してくれる機能も用意されているため、残りのチャージ残高を気にすることなく利用できます。

まとめ

まとめ

この記事では、安くて便利に利用できるレンタルサーバーとして人気のConoHa WING(コノハウイング)利用者の口コミ・評判から特徴やメリットなどを紹介しました。

コノハウイング利用者の口コミは良い内容が多く、管理画面が分かりやすいことやWINGパックを契約すればドメイン代が発生しないことを良いポイントとして感じている人が多いです。

そのため、これからブログ・サイトを運営したい人にとって使いやすいレンタルサーバーと言えるでしょう。ぜひ、レンタルサーバーの契約を検討している方は利用を検討してみてくださいね。

\申し込みは公式サイトから/