YouTubeを安全にMP3変換保存する方法|フリーソフトや変換ダウンロードサイト

YouTubeを安全にMP3変換保存する方法

YouTubeには、音楽や対談、環境音など、音に魅力のある動画も多いです。

移動中や作業中などにダウンロードしたYouTubeの音声を聞きたい、というニーズも大きいかと思います。そんな時は、YouTubeをMP3に変換保存すれば、高音質・容量を取らずに音声データの持ち運びが可能です。とはいっても、YouTubeをダウンロードするとなると、違法性や安全性が気になりますよね。

そこで、この記事ではYouTubeのダウンロードについての違法性や安全性、MP3に変換保存するためのフリーソフト・変換アプリ・変換サイトなどについて、解説していきます。

YouTubeをMP3に変換保存とは?

MP3

一応最初に、YouTubeをMP3に変換保存するのがどういうことなのか、という点を軽く解説しておきます。

MP3とは、MPEG-1 audio layer 3の略、音響データを圧縮する技術の一つです。MP3の特徴は、音質がCDと同等の高音質でほとんど劣化されることなく、それでいてデータ容量を10分の1に圧縮して保存できる点です。

YouTubeをMP3に変換すれば、音声データを圧縮できるだけでなく、映像部分をカットして保存できるので、容量を抑えて聞きたい音源をデバイスに保存できるようになります。

動画の保存は容量を大きく使いますが、MP3に変換保存すれば、少しの容量でYouTubeの動画が保存できるようになるのです。

YouTubeのダウンロードは違法?ダウンロードしても問題ない?

YouTube

YouTubeの動画をダウンロードする場合、どの動画をダウンロードするか、どのようにダウンロードするかによって、違法・規約違反になるのかといった点が変わってきます。

  • 違法にアップロードされた動画をダウンロードする→違法
  • 違法でない動画を許可なくダウンロードする→規約違反
  • クリエイティブコモンズの動画をダウンロード→問題なし

最初に断っておくと、基本的にYouTubeで動画をダウンロードしようと思ったら、YouTubeプレミアムを使う必要があります。YouTubeは規約でダウンロードが禁止されているので、動画を何らかの形で保存しようと思ったら、YouTubeプレミアムを使うのが正しい手段です。MP3で音声だけダウンロードするという場合も、例外ではありません。

一部例外的にダウンロードできる動画もあるので、違法性など含め、次から個別に解説していきます。

違法アップロードされた動画をダウンロードすると刑罰の対象になる

注意ポイント

YouTubeでは、著作権者以外が違法にアップロードしたアニメや漫画・音楽が配信されているケースがあります。

この違法アップロードされた動画をダウンロードするのは違法になり、2年以下の懲役または200万円以下の罰金、もしくはその両方が科せされる可能性があります

違法アップロードされた動画に関しては、いかなる形であれ、絶対にダウンロードしてはいけません。

違法でない動画を許可なくダウンロードするのは規約違反

動画

例えばアーティストの公式チャンネルにアップロードされている違法性の無い動画であっても、許可なくダウンロードするのはYouTubeの規約違反になります。

そもそも、YouTubeでは許可された動画以外のダウンロードが全面的に禁止されています。

私的利用ならダウンロードしても良い、という意見もみかけますが、これは間違いです。YouTubeの規約は下のようなっています。

“本サービスまたはコンテンツのいずれかの部分に対しても、アクセス、複製、ダウンロード、配信、送信、放送、展示、販売、ライセンス供与、改変、修正、またはその他の方法での使用を行うこと。ただし、(a)本サービスによって明示的に承認されている場合、または(b)YouTube および(適用される場合)各権利所持者が事前に書面で許可している場合を除きます。”
https://www.youtube.com/static?template=terms&hl=ja&gl=JP

目的の如何にかかわらず、YouTubeの動画を許可なくダウンロードしてしまうと、その時点で規約違反になるのです。

ただし、公式機能であるYouTubeプレミアムでのダウンロードや、一部の許可された動画であれば、ダウンロードしても規約違反にはなりません。

クリエイティブコモンズの動画はダウンロードしても問題なし

フリー

YouTubeのライセンスがクリエイティブコモンズになっている動画は、ダウンロードしても問題ありません。

クリエイティブコモンズとはYouTubeの動画に設定できるライセンスの一つで、第三者が該当の動画を使用することを許可する、という意味のライセンスになります。

このクリエイティブコモンズに関しては、動画をMP3に変換保存しても、規約違反になりません。

クリエイティブコモンズのライセンスは、動画の説明欄で確認できます。また、クリエイティブコモンズの動画をYouTubeで検索したい場合は、キーワードの後ろに「,creativecommons」と入力することで、検索できます。

例:Jポップ,creativecommons

上記のようにYouTubeの検索窓に入力すれば、クリエイティブコモンズのJポップを見つけることが可能です。

動画の検索画面で、フィルタにクリエイティブコモンズを設定することでも、ライセンスがクリエイティブコモンズになっている動画を見つけることができます。

YouTubeの動画ダウンロードする方法は3つ

ダウンロード

YouTubeをダウンロードする方法は、下の3つです。

 安全性利便性
YouTubeプレミアム
フリーソフト・変換アプリ
変換サイト

YouTubeをMP3に変換保存する場合、安全性と利便性を計りにかけて、変換保存する方法を選ぶことになります。

安全性を重視するならYouTubeプレミアムが一番のおすすめですが、利用に月額料金がかかります。また、ダウンロードできるのはモバイルデバイスのみとなり、PCではダウンロード自体ができません。

MP3の変換サイトを使う場合、料金はかからず、ソフトのインストールなども不要です。手軽に使えるのは変換サイトの魅力ですが、ページ内に広告が多く、その広告からウイルス感染のリスクがあるので、安全性という点では不安があります。

安全性と利便性、どちらを重視するかを考えて、MP3への変換保存先を選択してください。

安全に利用するならYouTubeプレミアム

おすすめはこれ

YouTubeプレミアムは動画を一時保存できる、月額1,180円(税込)で利用可能なYouTubeの公式サービスです。

YouTubeプレミアムは広告なしで動画の再生ができるのもメリット。好きな曲の再生リストを流している時、曲の合間に広告が挿入されることがありません。

また、YouTubeプレミアムではバックグラウンド再生も可能なので、YouTubeアプリを開いていなくても動画を再生し、音声を楽しむことができます。

加入すると追加料金なしでYouTube Musicプレミアムを利用できるのも、YouTubeプレミアムの魅力です。

公式サービスなのでYouTubeプレミアムは安心安全に利用できます。ただし、モバイルデバイスにしかダウンロードできないのは、YouTubeプレミアムのデメリットです。

YouTubeプレミアムの動画は30日間の一時保存となっています。しかし、インターネットに接続すれば自動で期限が更新されていくので、ひと月以上の長期間インターネットに接続しないというのでもない限り、期限切れの心配は基本ありません。

YouTubeの動画をMP3に変換保存できるフリーソフト・変換アプリ

ソフト

YouTubeをMP3に変換保存できるフリーソフト・変換アプリには下のものがあります。

フリーソフト

変換アプリ

  • MP3動画変換(Android)
  • Fast Video Converter(iPhone&Android)

フリーソフト・変換アプリの場合、一旦インストールしてしまえばサイトより高速でMP3への変換ができます。また、サイト内の広告に悩まされなくていいのも、フリーソフト・変換アプリのメリットです。

フリーソフト・変換アプリのデメリットは、インストールが必要な点。使い始めるまでに、ワンステップが必要になります。

フリーソフト・変換アプリには有料版もありますが、上記で紹介しているものに関しては、無料で十分な利用が可能です。

YouTubeの動画をMP3に変換保存できる変換サイト・インストール不要ですぐに利用できる

WEBサイト

YouTubeの動画をMP3に変換保存できるサイトには、下の3つがあります。

変換サイトは保存したい動画のURLの入力→MP3に変換→ダウンロードという流れをサイト上で行えるので、ソフトなどをインストール不要ですぐに利用できます。料金も無料なので、YouTubeをMP3に変換保存するには、もっともお手軽な方法です。

しかし、変換サイトは総じてサイト内に広告が多く、その広告にウイルスが仕込まれている可能性があるのが、デメリットです。

サイトを利用していると唐突に画面全体に広告が開いたり、「あなたのスマホが破損しています」「ウイルスを除去してください」といった広告が出たりする場合もあり、変換サイトを利用するなら、サイト内の広告を踏まないように、よく注意する必要があります。

変換サイトの利用に絶対の安全はないので、トラブルが起きた時に対処する自信がない、セキュリティソフトを入れていないので不安、という場合などは利用しない方が賢明でしょう。

YouTubeの動画をMP3に変換できない・ダウンロードできない時の原因と対処法

対策方法

以下の理由により、YouTubeの動画のMP3への変換保存ができない可能性があります。

  • 著作権によりダウンロードが不可になっている
  • 変換サイト自体が利用できなくなる
  • 動画の再生時間が長すぎる
  • URLの入力ミス

著作権によりダウンロードが不可になっている

YouTubeにアップロードされている映画やアニメなどの場合、著作権の関係でダウンロードできない設定になっている可能性があります。

著作権で禁止されている作品はダウンロード自体できないので、こういったケースではMP3に変換保存するのはあきらめましょう。

変換サイト自体が利用できなくなる

MP3の変換サイトを利用する場合、突然サイトの利用ができなくなるケースがあります。サイトの画面は特に変わっていないのに、ダウンロードボタンが反応しなくて使えなくなった。こういったケースは、いくつもの前例があります。

サーバーメンテナンス・一時的なサーバーダウンの可能性もあるので、時間経過でまた利用できるようになるケースもありますが、変換サイトが突然使えなくなった場合は、他の変換サイトやフリーソフト、YouTubeプレミアムの利用を検討しましょう。

動画の再生時間が長すぎる

再生時間が20分を超えてしまう動画をMP3に変換保存しようとすると、変換・ダウンロードに失敗してしまうケースがあります。

変換サイトによっては長時間の変換保存に対応していないケースもあるので、その場合は別の方法でMP3に変換保存できないかた試してみましょう。

URLの入力ミス

MP3への変換保存がうまくいかない場合、YouTube動画のURL入力ミスの可能性があります。

変換サイトやフリーソフトでは保存したい動画のURLを入力しますが、このURLを間違えると、変換保存ができません。URLは手打ち入力ではなくコピー&ペーストで入力するようにしましょう。

まとめ

まとめ

YouTubeの動画をダウンロードするなら、YouTubeプレミアムを利用するのが安心安全です。

別の選択肢としては、MP3への変換サイト、フリーソフト・変換アプリを使う方法もあります。変換サイトの場合は広告にウイルスが仕込まれている可能性があるので、注意です。

違法アップロードされた動画をダウンロードすると違法になり、刑罰の対象にもなるので、注意してください。

YouTube

Posted by QL-tinc