NURO光をIPv6で利用するには? 設定や確認方法を解説

NURO光をIPv6で利用するには?

他の光回線より最大通信速度が速いNURO光の新規契約や乗り換えを検討している方は多いのではないでしょうか?

しかし、光回線は契約できるサービスごとにそれぞれの特徴があることから分かりにくいと感じるポイントがあるのも事実です。

その中でもIPv6について分かりにくいと感じる方は多いので、この記事ではNURO光のIPv6について解説していきますね。

IPv6とはどんな通信方法?NURO光でIPv6は利用できる?

IPv6

それでは、NURO光のIPv6について解説していきますね。

合わせてIPv6がどんな通信方法であるかも紹介するので、IPv6という通信方法がよく分からない方も安心してくださいね。

IPv6とはどんな通信方法?

IPv4とIPv6との違い

コンピューターがインターネットを利用する際には、固有の番号である「IPアドレス」が必要になります。

このIPアドレスの通信方法を定めた規格がIPv4です。

しかし、インターネットが急速に普及し始めたことで、Ipv4を割り当てられる最大数に近づいたため、新しい通信規格であるIPv6が発行される形になりましたよ。

IPv6では、IPアドレスの不足を改善できるだけでなく、IPv4を利用する際に生じた通信回線の混雑などにも効果的であることが、IPv6が注目されている理由になります。

NURO光はIPv6に対応しているの?

ここがポイント

通信回線の混雑を改善できることなどにメリットのあるIPv6ですが、光回線ごとに利用できない場合もあるため、NURO光で利用できるのか疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、NURO光を契約すれば、IPv6をだれでも利用することができますよ。

契約するプランによって利用できないなどの制約もないので、NURO光を契約すればIPv6を利用できることが嬉しいポイントになりますね。

NURO光でIPv6を利用するには申し込みが必要?

申し込み

NURO光を契約することで、IPv6の利用が可能なことを紹介しましたが、IPv6 を利用する際に別途申し込みが必要なのか不安に感じる方がいるかもしれません。

しかし、NURO光を契約していることがIPv6の利用条件となっているため、IPv6を利用するために別途申し込む必要はありませんよ。

月額基本料金も無料であることから、NURO光を契約している状態であればIPv6が利用できることは嬉しいポイントですね。

IPv6を利用するメリット・デメリットは?

メリットとデメリット

上記では、IPv6について解説しましたが、IPv6を利用するメリット・デメリットについても紹介していきますね。

実際にIPv6を利用する際にはメリットだけでなくデメリットもあるので、IPv6を利用したいと考えている方は確認しておくことが重要ですよ。

IPv6を利用するメリット

メリット

最初にIPv6を利用するメリットを紹介していきます。IPv6を利用するメリットは、従来の通信方法より混雑しにくいこと、IPv4よりセキュリティが強化されたことです。

従来の通信方法より通信が混雑しにくい

IPv4とIPv6との違い

実はIPv6を利用するとIPv4より通信速度が速くなるわけではありません。

インターネットの接続方法には、「PPPoE」と「IPoE」という2種類があり、IPv6の通信では新しい通信方法である「IPoE」を利用できることから、回線が混雑しやすい「PPPoE」のネットワークを利用しなくても良いことが特徴になります。

そのため、IPv6に対応している場合でも「PPPoE」の接続方式で通信している場合は、速度にあまり変化がないことは注意したいポイントです。

IPv4よりセキュリティが強化された

セキュリティ

IPv6は、回線が混雑しにくいだけでなく、IPv4よりセキュリティ面も強化されています。

IPv4でも情報を暗号化するセキュリティ機能が用意されていましたが、オプションとして利用する必要があったため、データ送信側と受信側でそれぞれセキュリティ機能を用意することが一般的でした。

しかし、IPv6では情報を暗号化するセキュリティ機能が標準化されたため、受信した相手しか情報を見ることができない形になりましたよ。

そのため、外部から情報を盗まれにくい形になったことがIPv6を利用するメリットの1つになるでしょう。

IPv6を利用するデメリット

デメリット

次にIPv6を利用するデメリットを紹介していきますね。

IPv6を利用するデメリットは、初めて契約する方には分かりにくいこと、IPv4のIPアドレスにアクセスできないことになりますよ。

初めて契約する方には分かりにくい

初心者

ここまで、IPv6について解説しましたが、普段聞き慣れない専門的な用語が多く、初めて光回線を契約する方は分かりにくいことがデメリットになるでしょう。

しかし、一度理解すれば分かる部分も多いので、不明な点を感じたら、この記事を見返してみてくださいね。

IPv4のIPアドレスにアクセスできない

IPv6を利用する際には、IPv4のみ対応したWEBサイトにアクセスできないことは注意したいポイントになります。

ただし、NURO光ではIPv4に対応したサイトとIPv6に対応したサイトの両方にアクセスできる「IPv4/v6デュアル方式」を採用しているため、IPv4での接続のみ対応しているサイトにもアクセスできることができます。

そのため、NURO光でIPv6を利用する上では、IPv4のIPアドレスにアクセスできないことを心配する必要がありませんよ。

NURO光でIPv6を利用するために必要なものは?

条件を解説

NURO光でIPv6を利用する際に必要なものを確認したい方も多いかもしれませんね。

結論から言うと、NURO光の光回線を契約してIPv6を利用する場合は以下の2点を用意する必要がありますよ。

  • IPv6に対応しているONU
  • IPv6に対応しているルーター

ONUは自宅に導入した光回線をデジタル信号に変換するために必要な機器で、ルーターは複数の端末をインターネットに接続する場合や無線で通信したい場合に必要となりますよ。

ただし、NURO光では、ルーター機能が付いているONUを無料でレンタルできることから、レンタルする場合は自分でONU・ルーターを用意する必要がありませんよ。

NURO光でIPv6を利用する際の設定方法は?

設定方法

上記では、NUROでIPv6を利用する際に必要なものを紹介しましたが、IPv6を利用するための設定方法が気になる方も多いのではないでしょうか。

しかし、NURO光ではIPv6を利用するための特別な設定は必要ありません

そのため、初めて光回線を契約する方も安心してIPv6を利用できるメリットがNURO光にありますね。

NURO光でIPv6を利用する際に注意したいポイント

注意ポイント

便利に利用できることの多いIPv6ですが、NURO光でIPv6を利用する際に注意したいポイントがあることも事実です。

そこで、NURO光でIPv6を利用する際に注意したいことを紹介するので、これからNURO光でIPv6を利用したい場合は確認してみてくださいね。

IPv6プラスに対応してない

光回線の中には、IPv6プラスを利用できるサービスもありますが、NURO光はIPv6プラスに対応していません。

IPv6プラスは、IPv6とIPv4に対応しているサイトにアクセス可能なサービスとなっていますが、2つのサイトにアクセスする場合「IPoE」方式を利用します。

対するNURO光の「IPv4/v6デュアル方式」では、IPv4に対応しているサイトにアクセスする場合は従来の「PPPoE」方式でアクセスするため、通信回線が混雑しやすいデメリットがありますよ。

しかし、NURO光で採用している「IPv4/v6デュアル方式」でも、十分な速度で通信できることから、IPv6プラスに対応していないことが大きなデメリットになることは少ないですよ。

レンタルした端末がファイアーウォールに対応していないことがある

ファイアーウォール

NURO光では、ルーター機能がついているONUを無料でレンタルできることを先程紹介しましたが、レンタルできるONUの中にはファイアーウォールに対応してない端末もあります。

ファイアーウォールは、インターネット上から不正なアクセスを防いでくれるセキュリティ機能になりますよ。ファイアーウォールに対応していないルーターは、「HG8045D」なるため注意が必要です。

ただし、「HG8045D」のONUをレンタルしていた場合は、NURO光のサポートセンターに連絡することで、ファイアーウォールに対応している端末に無料で交換してもらえるので確認してみましょう。

NURO光でIPv6を利用する際によくある質問をまとめました

よくある質問

最後にNURO光でIPv6を利用する際によくある質問をまとめて紹介していきます。

実際にIPv6を初めて利用する方は不安に感じるポイントも多いと思うので、申し込み前に確認しておくことで分からないポイントが解消されるかもしれませんよ。

ファイアーウォールに対応していない端末の確認方法は?

確認方法

先程は、NURO光で無料レンタルできるONUの中に、ファイアーウォールが対応していない端末があることを解説しましたが、ファイアーウォールに対応していない端末の確認方法を知りたい方が多いのも事実です。

ファイアーウォールに対応していない端末は、端末に貼られているラベルから、ONUの型番を確認することでチェックすることができますよ。

そのため、ラベルの型番が「HG8045D」の場合は、サポートセンターから端末の交換手続きを行ってみてくださいね。

IPv6を利用しているか確認する方法はある?

インターネットを利用しているとIPv4とIPv6どちらのネットワーク環境で通信しているか確認したい場合があるかもしれません。

そんな時は、NURO光のプロバイダである So-netの公式サイトにアクセスすることで、インターネット接続方法を簡単に確認することができますよ。

サイトにアクセスするだけで利用している接続方法を確認できるので、接続方法を確認したい場合はSo-netの公式サイトにアクセスしてみてくださいね。

まとめ

まとめ

IPv6は、従来使用されてきたIPv4より通信回線が混雑しにくいメリットがある通信方法です。

そんなIPv6は、NURO光に契約することで月額料金や申し込みなしで利用することが可能になりますよ。

また、NURO光のIPv6は、IPv4のみに対応しているサイトにもアクセスできる「IPv4/v6デュアル方式」を採用しているなどのメリットもあるため、これから光回線を契約する場合は、魅力が溢れているNURO光を検討してみてくださいね。

\NURO光を公式サイトで確認する/

\NURO光の詳細記事はこちら/

IPv6,NURO光

Posted by QL-tinc